@日本   

日本国内で食の格差??

あります。
気づかないけどね。

日本にも貧富の格差はもちろんあります。
誰もが、自分の家庭は中流階級だ!と思っている国民性ですが、
その一戸一戸の格差は大きいです。

例えば無農薬野菜。
一般に売っている野菜より高価です。

無農薬野菜を購入できる家、
高いし、いいやと思う家。

ここで差が生じます。

金持ちがいい物を食べてると言うわけでは決してありません。
「いい物を購入し続けられる能力が家庭経済にある」、ということが言いたいのです。

食事とは継続性のあるものです。
一回、体によくないとされる添加物を摂取してもさほど問題が無いように、
摂取を継続する事によって、良い、悪いが判断されます。

農薬を使用している野菜の毒性が、
人体に顕著に現れているわけではないのですが、
今の日々の蓄積が、いつの日か出て来るかもしれません。
その時に、無農薬野菜を食べ続けた人たちだけが健康であるかもしれない。。。


そう思いながら、昨日スーパーで買ってきた中国産の安い椎茸なんかを
じーっと見つめて、「おまえは悪くないよな・・・」
なんてつぶやいたりしてみる、学生一人暮らし。
[PR]

by syokuseikatsu | 2005-02-17 10:32 | 食ノ格差

<< まぜずにはいられない食文化@韓国 謎のシンガポール >>