2005年 02月 20日 ( 1 )   

まぜずにはいられない食文化@韓国   

私の父は、韓国の料理に強い抵抗感があるようだ。
その理由は・・・

c0047629_2229436.jpg


出てきた時、こうなっているのを

c0047629_22295969.jpg


こうやって、まぜまぜして食べるから!
だそうです。

しかし、その親に育てられた私は、
まぜて食べるこの食文化に微塵も違和感はなかった。
そう、この日までは・・・・・・

韓国ソウル、夏。
非常に暑い。

そんな中、韓国の友達に連れられ、
有名なチェーン店らしきアイス屋さんへ。

そこは、カップルの集う場所。
一人で食べるのではなく、
二人用を頼んで、仲良く一緒に食べるのが愛の証の様子☆

で、ここは負けじと(?)部長サンと副部長サンは、
この店で二番目に高い、二人用を注文!!


出てきた時は、

c0047629_2240405.jpg


こんなに素敵盛りなのに、
韓国の友達曰く、

c0047629_22405310.jpg


「これはこうやって、まぜまぜして食べるもの」 なのだそう・・・。

はい、
いやぁ~う~~~ん・・・・。
で、何故??
全ての味を均等に、画一にしたいのかしら??

ま、これこそ食文化の違いかと、
部長サンと副部長サンは食べ始める。

しかし、終始一貫して同じ味。
食べれど食べれど同じ味。
そして、結構ボリュームあり+アイスなので時間がたつと溶ける!!

もう、バナナもキウイもクリームも、あんこもピーチもナタデココも、
何もかもが全部混ざって、一つの味エンドレス。


父の声がこだまする。
「どうして、まぜるのだ??」

父よ、
「・・・アイスもまぜていたぞ。」
[PR]

by syokuseikatsu | 2005-02-20 22:31 | 異食文化交流@海外