ほえる犬は美味い?   

似ていて非なる食文化といえば、もちろん韓国。
日本は基本的に「甘い」
韓国はもっぱら「辛い」
しかし、いわゆる海苔巻きはあるし、
大学芋と同じものはあるし、
鍋料理文化も似ている一つだし、、、
あと、韓国って日本のように銘々善があるよね?
これもまた興味深い共通点。。。

しかし、日本人
犬は、、、犬は喰えない。
ましてやペットとして飼われていたものは喰えない!!

最近では食べているのか否か確認していないけど、
映画の中では喰っていた。。。

HP:ほえる犬は噛まない
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-04-06 15:41 | 食ナ映画

食べて出す   

妹尾河童さんを御存知でしょうか?
「少年H」の著者と言えばわかるかな?

彼の著書に「河童が覗いたシリーズ」ってのがあります。

「河童の覗いたヨーロッパ」
「河童の覗いたインド」
「河童の覗いニッポン」
「河童の覗いた仕事師12人」
etc

これまたどれを読んでも面白い!
河童さんは、大人の洞察力に子供の好奇心を兼ね備えているような方。
だから、見るものずべてが特別な物に見えてきます☆
河童さんのフィルターを通すと、
「普通」は無いのです。はい。

このシリーズの中で最も好きなのが

「河童が覗いたトイレまんだら」

これ、最高です。
各界で活躍する有名人52人のお宅を訪問し、
トイレについての想いをインタビューして、載せたもの。
「トイレ」と言うと、普通なら隠したい所。
しかし、そこを敢えて語り合う事で、各人のトイレ事情はもちろん
その人の人生がみえちゃったりみえなかったり。。。。

そして、得意の河童流俯瞰図ももちろん掲載しています!
52人のトイレ(を上から見た図)を私たちも覗く事が出来て、かなり面白い。。。



食べる事には執着するけど、
出る時の事は考えないっていう人、多いよね。

食べる為に生きるのではなく、
生きるために食べなければいけない。

(って誰の言葉だっけ?(^^;)

「食べるから、しかたなく排泄をする」
という付属品の様な考え方じゃなくて、
食べてから排泄するまでを一連の流れで考える。

よい食べ方をしないと、
よい排泄には繋がらない。

そういう当たり前のことを再確認できる本でした☆
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-24 01:53 | 食ナ本

フードコートin Bangkok   

タイ王国での食事風景。

最近、日本のスーパーなどでも見られるフードコートですが、
タイのフードコートは兎に角デカイ!
そして、タイではフードコート入り口で食券を買います。
(100バーツ日本円で約300円位を換金すれば、
二人でお腹いっぱい食べられます。2003年の話ですが。)

全店共通の金券を購入した後、ワンフロアに約50~60店舗
(それ以上か)あるお店をぐるぐる回って、
食べたいものを見つけます。

しかし、何が美味しいのか、何が入っているのか
ただ回っているだけでは一向にわかりません。

タイ料理に詳しく、タイ語が出来るなら無問題。

タイ料理って美味しいの?とか、タイ語って呪文にしか聞こえない!って人は、
①周りをキョロキョロしてみる
②美味しそうなものを発見する
③行列の出来ている店を覗いてみる
④最後は香りとfeelingで・・・・

うちらの結果がこれ→

これは美味かった。というか日本人好みかな。
上にのっているのはテリヤキチキンの様なものだけど、
日本のテリヤキより味が薄いです。
御飯は、タイ米ではなく、うるち米の様な形、、、
にも関わらずパラパラしていました。
c0047629_23321698.jpg



これは、日本人好みじゃないと思う。
何故なら全体にパクチーの味が充満していて、
パクチー嫌いな人は一口も食べられないかもしれない味。
ま、うちらは、平気でしたけど(^^;
c0047629_23322525.jpg

[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-21 23:32 | 異食文化交流@海外

まぜずにはいられない食文化@韓国   

私の父は、韓国の料理に強い抵抗感があるようだ。
その理由は・・・

c0047629_2229436.jpg


出てきた時、こうなっているのを

c0047629_22295969.jpg


こうやって、まぜまぜして食べるから!
だそうです。

しかし、その親に育てられた私は、
まぜて食べるこの食文化に微塵も違和感はなかった。
そう、この日までは・・・・・・

韓国ソウル、夏。
非常に暑い。

そんな中、韓国の友達に連れられ、
有名なチェーン店らしきアイス屋さんへ。

そこは、カップルの集う場所。
一人で食べるのではなく、
二人用を頼んで、仲良く一緒に食べるのが愛の証の様子☆

で、ここは負けじと(?)部長サンと副部長サンは、
この店で二番目に高い、二人用を注文!!


出てきた時は、

c0047629_2240405.jpg


こんなに素敵盛りなのに、
韓国の友達曰く、

c0047629_22405310.jpg


「これはこうやって、まぜまぜして食べるもの」 なのだそう・・・。

はい、
いやぁ~う~~~ん・・・・。
で、何故??
全ての味を均等に、画一にしたいのかしら??

ま、これこそ食文化の違いかと、
部長サンと副部長サンは食べ始める。

しかし、終始一貫して同じ味。
食べれど食べれど同じ味。
そして、結構ボリュームあり+アイスなので時間がたつと溶ける!!

もう、バナナもキウイもクリームも、あんこもピーチもナタデココも、
何もかもが全部混ざって、一つの味エンドレス。


父の声がこだまする。
「どうして、まぜるのだ??」

父よ、
「・・・アイスもまぜていたぞ。」
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-20 22:31 | 異食文化交流@海外

@日本   

日本国内で食の格差??

あります。
気づかないけどね。

日本にも貧富の格差はもちろんあります。
誰もが、自分の家庭は中流階級だ!と思っている国民性ですが、
その一戸一戸の格差は大きいです。

例えば無農薬野菜。
一般に売っている野菜より高価です。

無農薬野菜を購入できる家、
高いし、いいやと思う家。

ここで差が生じます。

金持ちがいい物を食べてると言うわけでは決してありません。
「いい物を購入し続けられる能力が家庭経済にある」、ということが言いたいのです。

食事とは継続性のあるものです。
一回、体によくないとされる添加物を摂取してもさほど問題が無いように、
摂取を継続する事によって、良い、悪いが判断されます。

農薬を使用している野菜の毒性が、
人体に顕著に現れているわけではないのですが、
今の日々の蓄積が、いつの日か出て来るかもしれません。
その時に、無農薬野菜を食べ続けた人たちだけが健康であるかもしれない。。。


そう思いながら、昨日スーパーで買ってきた中国産の安い椎茸なんかを
じーっと見つめて、「おまえは悪くないよな・・・」
なんてつぶやいたりしてみる、学生一人暮らし。
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-17 10:32 | 食ノ格差

謎のシンガポール   

c0047629_0405194.jpg


シンガポール
マレー半島最南端に位置し、貿易・経済の要点として栄える。
国土618平方キロメートルに、人口約300万!!!
(ちなみに淡路島は全島593平方メートルに、人口18万・・・!!!)
すごい!
この国民の胃袋を支えているものは??
と疑問になり、スーパーを探す。
・・・・。
探す。

高層ビル群発見。

高層住宅街発見。

・・・・。

ありました!ありました!
その高層ビルの一階に、スーパー発見!

いや、どっちかって言うと「八百屋」の雰囲気。 

この野菜達はどこでとれたものだろうか?
シンガポール国内ではないはず。
国土狭い上に、大量の人口。
農地は見当たらずだったし。。。
今になって、ラベル見てこなかったことを後悔。

きっと、シンガポールも、作物輸入大国日本と肩を並べる存在だと
勝手に解釈しています。

今度調べてみよう!

≪早速、調べてみました。
シンガポールの自給率は、限りなゼロに近いそうです。
食糧はもとより、水道水も輸入しているお国だそうです。≫
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-16 00:42 | 異食文化交流@海外

朝ご飯の外部化   

c0047629_0135375.jpg


再び台湾編~

今回も台湾の朝ご飯風景を紹介します。

この食べ物は日本で言うとろの「おにぎり」です。
「おにぎり屋台」が台湾で一般的かどうか分からないけど、
この台北にある「おにぎり屋台」最高です。
本当に、美味!!!
我おにぎり人生の1・2を争うほどの美味しさです!!!

どのくらい後引く美味さかというと、
帰国後約一年たって、夢の中に出てきたくらい!!(←事実)


まず、米の種類を注文します。
お兄さんはビニール袋を片手に待っています。

黒米オンリー
黒米と白米の半々
白米オンリー  が選べます。

一日目、私は、黒米オンリーにしてみた。
これがもう、本当に、美味しい。
今も、顔がにやけています。
約1年半前の味覚がこの味を鮮明に覚えています。


次に、ショーケースにずらっと並んだ「具」を6種類選びます。
全部で20種類くらいあって、
優柔不断の私には辛かった・・・
食べたいものを、指差していきます。
これと、これと、これと・・・・
あ、やっぱり今のなし!今のなしで、こっちお願いします。
(ちゃんと通訳の友達がいます ^^;)

この6種類の味の組み合わせが絶妙。
(どれを選んでもうまいんだけどね)
この、コントラスト。すごいです。
基本的に、甘辛く味付けされた具材達。

日本にも似たような味のがあるけど、
何処か個性が強い。
ここの具材達は、6っこの味が合わさって、1つ。
ってことをよく知っている。

ミクロな夢として、
このおにぎりを日本で再現する事!
あ、これ食生活研究会のテーマにしない!?
年間目標!
「おにぎり再生」ナイス☆
副部長サン検討お願いします!!
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-15 00:07 | 異食文化交流@海外

臭豆腐   

c0047629_0122040.jpg


これは、少し有名な食品だと思う。
世界一臭い食品にノミネートされていたし。

台湾台北市にある夜市で食べた「臭豆腐」

いやいや、またこのストレートな名前がいいね!
ホンッットに、臭いです!

見た目は、日本の厚揚げそのもの。
でも、ニオイが・・・
どんなニオイかと聞かれても答え難いけど、
こぅ明らかに何かが腐った、決して人間が本能として口にしないであろうニオイ。


そして、私、これにはさらに辛い思い出があります・・・・

旅行前日、準備や片付けなきゃなんない作業の為、睡眠時間を削った。
飛行機の中で睡眠の予定が、、、台湾、近すぎる。(--;
そして、一日中遊んで、夜この夜市に。
実はこの時点で、疲労はピーク。
いつ倒れてもおかしくない状態で、私は必死に堪えた。

そして出てきた「臭豆腐」!!!

もう吐き気絶頂。
目には涙が溜まり、
少しでも油断すると、皆のこの楽しい雰囲気を
ぶち壊すことになりかねない身体状況。
絶えるんだーー!部長!!
(言葉では説明できない苦しさ)

皆に悟られないよう、必死に堪えきった。

もう、あの辛さは忘れられない。
日本に帰ってきてからも、関係ないのに、あの見た目=「厚揚げ」恐怖症になりました。
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-14 22:10 | 異食文化交流@海外

伊豆の美食家   

「肝臓先生」 坂口安吾

流行性肝炎を患う伊豆の人々。
診る人診る人、肝炎である。
そして、町の人からつけられたあだ名が「肝臓先生」
肝臓先生は、その謎を解明する為に、日夜翻弄する。
驚いた事に、肝炎を患っているのは、日本国全体のことであることを突き止めるのだが・・・
肝臓先生の想い、その行きつく先は、、、、

では、本題。食の角度から見てみることにしまーす!
肝臓先生の人生も、また魅力的ですが、
後は本を読むなり、映画を見るなりして下さい☆

 
冒頭、伊豆の漁師の描写があるのですが、抜き出してみると・・・


「海水でといだ御飯が陸上のそれとくらべものにならないほど美味であること・・・
釣りたての生きた魚には・・・かみしめる内に甘さがこもり、
人にたべてもろうための心尽くしの数々がこもっている事を知って満足するのである。
彼らは帝国ホテルのフランス料理にあこがれない。
彼らの日常の食事が、それよりも豊富な妙味に溢れていることを
発見し、確認しているからである。」

「彼らほどガンメイ固陋な美食家はいないのだ。いわし鯨がイワシだけを追っかけ、
甚平ザメがマグロを専門に食うのと同じようなものだ。一言で云えば、彼らは、
どこまでも、利巧で、温和で、心の正しい魚にほかならないのである。」


う~~ん、美味い。
いや、上手い。
また、こんな表現もある。


「漁師というものは、実にあたたかくて、親切なものだ。
・・・・挨拶は全然やらない。・・・ゼンゼン喋らないのである。
どんな親しい間柄でも、黙って往来する。頭も下げない。
彼らは魚に同化し、ムダな事は喋らなくなっているらしい。
魚が挨拶したら、おかしなものだ。・・・・」

「彼らはただガムシャラに魚を追う。
ひねもす、魚を追う。
それが彼らの一生だ。」


要するに、魚たちが「魚族」であるように、漁師は「人間族」であるだけのことらしい。

・・・・だから?(--;
そう、このままでは、「肝臓先生」に繋がらない。

彼らがガンメイ固陋の美食家であり、人間族である事は、
つまり偏食であることを意味する。
漁師町でも沢山の医薬が必要となる。

よって、この肝臓先生が伊豆の漁師町で一躍人気者になる訳なのだが、、、、
後は読んでからのお楽しみ。
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-14 10:40 | 食ナ本

ピエロの恐怖   

『Super size me』  2004年 アメリカ

授業の一環と思い、見に行きました!
ドキュメンタリー映画大好きだし、問題ないんだけど、
あれは一人で見るよりも皆でワイワイ、あーだこーだ言いながら見たかった!

(正直な)感想・・・
特に、マクドナルドに行けなくなると言う事ではないです(^^;

私は、マクドナルドを庇うつもりは毛頭ないです。
この会社がしてきた事は、罪だと思うし、
金儲けの為なら「何でもする」精神はちょっと見ていられない。

でも、人間、肥満や病気の原因が一つだけという事は決してない。
原因は個人個人さまざまであって、その一端をマクドナルドが担っていることは否めないが。


この、映画の良かった点は、
アメリカの学校給食見直しに貢献した事だと思う。
アメリカの学校給食は、日本の給食(アメリカが導入したんだけどね)
とは比べ物にならにくらい自由であるが、自由なだけ、弊害も多い。

親たちはこの問題改善に動いた、
教育機関も動いた、
そして、自動販売機から嗜好飲料が消え、
ミレラルウォーターに変わった。

さすが、行動の早い国だ。

日本は何か変わったのかな??

アメリカの悪いところばかり見習わずに、
行動の早さなど、いいところをもっと見習ってほしいものです。
HP: Super size me
[PR]

# by syokuseikatsu | 2005-02-13 23:00 | 食ナ映画